2012年01月21日

先日の現場〜正装

竣工して1ヶ月が経ちました。日々いろんな方にお越しいただいておりますが、先日やっとこの方たちが初めて来てくれました。

正装で。

確かに、わたしたちにとってこのアトリエの竣工は人生でそう何度もあることではない大イベントでしたけれどもね。

だけれども・・・。

まさかスーツって。結婚式用衣装って。

20120117DSC_2100.jpg

あれ? スーツ着てない。着替えてる・・・。スリッパだけじゃなく着替えも持参でした。

お越しくださる方はどうぞ最初から普段着で気軽にいらしてください。

こちらのブログでは何日かうちの写真が続くようです。誰も写さないアングルの写真がお楽しみいただけるかと。まぁ、写真と本文は関係ないことが多いですけれどもね。

posted by アーキラボ・ティアンドエム at 12:52| ATMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

その後の10日間

Dr.タギ登場以降の10日間、更新が止まってしまいました。

オープンハウス前日。
20111209DSC_1893.jpg
塀がまだできてない!

20111209DSC_1895.jpg
ポストはできていました。

20111209DSC_1913.jpg
内部はもう、静かなものです。

20111209DSC_1916.jpg
いい〜光が差し込みます。

20111209DSC_1923.jpg
と思ったら、塗装屋さんとコーキング屋さんが念には念を入れ作業中。その後、インテリアライズさんがカーテンを取り付けてくださいました。

20111209DSC_1939.jpg
脚立がとってもお似合いの空間。

という感じで、オープンハウス前日も夜遅くまで作業していただき、無事にオープンハウス当日を迎えることができました。

オープンハウス当日のようすはこちらのブログでご覧いただけます。


そしてオープンハウス後。

20111213DSC_1965.jpg
物が納まり始めました。

20111215DSC_1986.jpg
キッチンのステンレスに映り込む冬景色がきれいなんですよ。借景です。

20111215DSC_2006.jpg
鏡にもいろんな景色が入ってきます。

20111216DSC_2036.jpg
さらに物が納まった…。

ということで、施主兼設計・監理者を務めた今回のATMNプロジェクト、なんとか無事にきょうを迎えております。

時間が経たないうちにじっくり振り返ってみようと思いますが、きょうは取り急ぎこの辺で。

posted by アーキラボ・ティアンドエム at 22:34| ATMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

本日の現場〜Dr.タギの登場

停電で幕を開けた本日の現場。

エントランス部分の塀ができ始め、デッキ材も敷かれました。
hei20111208DSC_1871.jpg

内部、外部とも細かな造作が進んでいます。

その一部が、これ。
tsumami20111208DSC_1884.jpg
小さな引戸が2枚ありまして。つまみになるようなものないかなぁと思っていたところ、これを澄川のホームセンターで見つけましたので大工さんにクルクルっとつけてもらいました。これで開け閉めもスムーズです。

そして、本日はこの方がご登場。
kimitsu20111208DSC_1886.jpg

断熱・気密はセットで大事。断熱材をしっかり着込んでも隙間が多いと台無しなので、気密を確保できているかをチェックします。

なかなかの好結果が出ましたので一安心。記念撮影をいたしましょう。
kimitsusokutei20111208.jpg
右の方が熱環境計算、気密測定をお願いしているDr.タギ。気密測定ギャグというタギ先生しか持ち得ないネタを繰り出します…。

posted by アーキラボ・ティアンドエム at 19:42| ATMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

昨日の現場〜気になり

ブログをまめにチェックしてるという人たちに会いました。読んでもらうために書いているのだけど、面と向かってそう言われると気になって筆が進まない。正確に言うとこのブログは筆ではなく指でキーボードを叩くことにより書かれているわけだから、「キーボードを叩く指が進まない」ということです。正確に言うのも良し悪しですね。


筆が進まないので、昨日の現場の気になりを写真で。

bisou20111206DSC_1822.jpg
美装屋さんが登場。あらわになった大黒柱をきれいにしてくださっています。

tosou20111206DSC_1829.jpg
はて?

marutomo20111206DSC_1859.jpg
左官屋さんも登場。左官屋さんのトラックに描かれていたマーク。「友」のしなやかな雰囲気が気になり。

kiiro20111206DSC_1861.jpg
塀を造作中。古めかしい壁たちの中でゴミ箱の黄色の発色の良さが気になり。

karasu20111206DSC_1857.jpg
ガラスに映りこんだこういう様子を見るとついつい写してしまうのですが、この画像における最大の気になりは木の上にあるカラスの巣!カラス恐怖症なので、も〜気になって気になって。

網戸が付いたり、鏡がついたりもしています。

 
posted by アーキラボ・ティアンドエム at 19:20| ATMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

本日の現場〜総仕上げ

道路がツルッツルになっています、札幌。気をつけて帰りましょう。

さて、現場。内部足場も外れ、全体像があらわになりました。足場を外してからさらに塗装を重ね、完了検査も無事終えています。

tosou20111201DSC_1760.jpg

gaikou20111202DSC_1766.jpg

雪が積もり始めていますが、外構工事がまだ残ってる! 最低限の外構工事のみ済ませてしまいましょう。残りは春になってから。

20111203heiDSC_1791.jpg

外壁に続きなんだか古めかしい材料がまた届きましたよ。

内部では電気屋さんが回路を組んだり、
kairo20111203DSC_1774.jpg

建具屋さんが数少ない建具の調整をしたりしています。
tekake20111205DSC_1800.jpg
クローゼットの開き扉。つまみを付けない代わりに穴をクルンと開けてもらいました。

syoumei20111203DSC_1796.jpg
この照明、塗装屋さんの持ち物ですがこの空間に妙に合っています。忘れて行ってくれないかなぁ塗装屋さん。これひとつで十分明るくできちゃうなぁ…。

今週末10日(土)はいよいよオープンハウスです。ぜひぜひご来場を!
posted by アーキラボ・ティアンドエム at 19:39| ATMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

本日の現場〜盛り上がっています

tosou20111130DSC_1697.jpg

天井と壁が白くなりました。白はこれまでAN-93という白色を塗っていたのですが、今回はもう少し白いAN-95にしています。白度MAXです。ツヤは壁、天井とも7分ツヤ。なかなかよろしい反射具合ではないでしょうか。

setsubi20111130DSC_1715.jpg

設備機器が搬入されています。トイレやIHヒーター、タオル掛けなどの小物たちも揃いました。きょうは大工さん、塗装屋さんに加えて西久保さん(電気)がプレートを取り付けたり、川内谷さん(設備)が配管工事をしたり、さらに足場屋さんが登場したりで現場は大変盛り上がっております。

ashiba20111130DSC_1716.jpg

内部足場が外され始めました。

足場を外してから壁をもうひと塗り。壁の塗り分け部分がどう見えてくるか楽しみです。

posted by アーキラボ・ティアンドエム at 14:19| ATMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

本日の現場〜塗装

tosou20111128DSC_1669.jpg

週末までにパテ処理を終えたので、塗りの工程へ。小屋は塗らないので養生シートで覆われています。

pate20111125DSC_1616.jpg

天井。ビスやボードの継ぎ目を処理したあと、ペーパーを掛けて平滑に。この下地処理がとても大切。

kurokawa20111128DSC_1666.jpg

塗り分けるところには目印を。ここまで記せば絶対に間違いませんね。クリアを塗るのです。

先週、土曜日には外部の鉄柱が納品されました。
tetsu20111126DSC_1663.jpg
鉄のご用命は日誠工産へ。

kamoi20111126DSC_1646.jpg
小さな引戸の敷居と鴨居です。細かな仕上げ工事が続いています。

posted by アーキラボ・ティアンドエム at 17:04| ATMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

本日の現場〜塗装下地

気づくと1週間「本日の現場」が滞っておりましたが、実際の現場は滞ることなく動いています。

tana20111124DSC_1535.jpg

棚ができました。

通常、内装工事前の内部造作が終わると大工さんは上がり(その現場でのお仕事が終了すること)なのですが、ATMNでは棚も大工さんに造ってもらうことにしました。家具工事にすると高いので。こんな場面でも工事費を節約しています。

大工さんに加えて設備、電気、防水工事と地上がごったがえしていたので、上空に避難してみました。

tosoumae20111124DSC_1491.jpg

喧騒から避難して、ホッと一息。

さて、本日から内装工事が始まっています。

tosou20111124DSC_1540.jpg

まずはパテ処理から。

オープンハウスの日程も決まりましたよ。さぁ大変だ!

posted by アーキラボ・ティアンドエム at 16:46| ATMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

本日の現場〜外部足場内部足場

外壁工事を終え監理者によるチェックも完了、修正個所もありませんでしたので外部は足場が外れました。

gaikan20111118DSC_1448.jpg

姿があらわになりました。え?新築ですよ。古めかしい外壁材に加えて玄関扉はコンパネで養生されているので新築感ゼロかもしれませんが。これ、新築です。しかも熱損失係数(Q値)1.0とか、見た目と違って密かに高性能だったりするんです。見た目と中身にギャップあり。


kenchikumaeDSC_0299.jpg建築前
gaikan20111118DSC_1448.jpg建築後



さて、外部の足場に代わって今度は内部に足場が掛かりました。

naibu20111118DSC_1463.jpg

中の小屋も造作工事が進み密度が増しています。2階があるとこんな雰囲気になるのですね。足場の透け感も程よいので、これはこれで魅力的かも…。

naibuashiba20111118DSC_1433.jpg

大黒柱が足場を貫通してそびえ立っています。ここに立つと大きな木の陰にいるような気分になります。なんとなく。

天井下地工事、内部造作工事が進んでいます。来週は電気・設備工事も入るはずなので現場の人口密度がピークを迎える予定です。

posted by アーキラボ・ティアンドエム at 12:42| ATMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

昨日の現場〜便利アイテム

札幌、雪が積もりました。そしてお昼を過ぎても解けていません。なのできょうから冬と認定されました。

現場にも雪が積もりましたが、先日から内部作業に移行していますので支障はありません。

kutai20111117DSC_1418.jpg

大黒柱が凛々しいです。小屋組みは仕上げを施すと隠れてしまうので、今のうちにじっくり眺めておきましょう。

昨日は、赤坂社長と大工さんも交えて現場で打ち合わせでした。

mitsudan20111117DSC_1419.jpg
密談しています。

mitsudan20111117DSC_1421.jpg
詳細図を広げて内部造作の確認です。設計意図を伝え細かな納まりと施工方法を相談します。

あ、足元…。
ashi20111117DSC_1422.jpg
こんなときのためにという訳ではなかったのですが、アトリエにあった廃材を現場に持ち込んで、作業台の脚を造ってもらいました。

いつも大工さんのコレ
ashi20111117DSC_1315.jpg
を見ていて、便利そうだなぁと思っていたので。大工さんはこの上に天板を置いて作業台にします。作業が終わるとこのようにコンパクトにして持ち帰ることができます。デザインもいろいろあって個性が出ます。

きょうも大事な図面置き場として活躍しておりました。

現場は外部の足場が外れ、今度は中が足場で埋め尽くされています。

posted by アーキラボ・ティアンドエム at 15:11| ATMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

昨日の現場〜小屋建ち上がる

昨日11月15日のようすです。

gaiheki20111115DSC_1379.jpg

外壁が仕上がりました。下の方の横貼り部分も仕上がっています。建物の形状が単純でコンパクトなので板金(ガルバリウム鋼板)だと1日で仕上げられるボリュームでしたが、やや時間が掛かりました。大工さん、面倒なお願いをしてごめんなさい。でも、素晴らしいチームワークできれいに仕上がっています。ありがとうございました。

放置されていて乾燥が進んでいるとはいえ、冬の風雪や夏の日差しで木も伸縮することでしょう。どれくらい動きがみられるかは未知ですが、仲良く付き合っていきましょう。

naibukoya20111115DSC_1381.jpg

はい、内部です。箱の中に箱、小屋の中に小屋が建ち上がりました。

naibukoya20111115DSC_1392.jpg

ちゃんと梁も架けられていて、もう1軒建てている感じです。

日々、現場のようすを書いていますが、わたしたちの仕事はただただ進捗状況を確認しに行くことではないのでダメ出しも適宜行っています。図面に描いてあっても、大工さんがうっかり見逃してしまうこともありますから、それを見つけて是正してもらいます。構造計算ができて断熱にも詳しく、意匠もバッチリな大工さんがいれば監理者なんていらないのかもしれませんが、そういうわけにはいきませんものね。構造的に問題なく施工されているか、断熱面で不備はないか、気密がしっかりとれているか。厳しく確認してまいりましょう。

建築主と施工者だけで造り上げるのではなく、監理者がいるメリットをもっと多くの人に知ってもらいたいと思うわけなのです。

さて、本日もこれからダメ出しに向かいますよ。
posted by アーキラボ・ティアンドエム at 10:24| ATMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

本日の現場〜外壁仕上げと内部造作と

gaiheki20111114DSC_1352.jpg

ちらりと見えています。外壁を仕上げているところです。まずは縦張りから。

gaiheki20111114DSC_1353.jpg

こんな感じです。新築なのに、できた瞬間からもう古めかしい感じです。外壁材。

先日のブログで、どんなものがやって来るのか今回ばかりはドキドキですと書いていた理由。それは、コレだからでした。5年ほど外に放置されていたらしい木材を使っています。製品化された材料ではないためちゃんとしたサンプルもなく、ざっくり「こんな材料」という確認だけで採用しました。

外壁用に加工してくださった工場の親方さんも「よくこれを使うって決めたね〜」と感心するほど。でも、5年放置されると材料の乾燥も進んでいますから、以後の乾燥収縮による狂いが少なくて済むはずです。

大工さんは今ごろ現場で泣いています。いくら加工されているとはいえ、既製品を使うよりよっぽど面倒だから。しかも「程よく適当に貼ってください」という注文も付けています。「適当」が一番難しそう。お手間をお掛けしております。

いまはまばらに茶色っぽいですが、一冬過ごすと全体的にグレーな感じになる予定。それも楽しみです。

naibu20111114DSC_1369.jpg

さてさて、内部も何やら造作が始まっているご様子ですよ。

posted by アーキラボ・ティアンドエム at 14:40| ATMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

本日の現場〜通気胴縁完了

doubuchi20111110DSC_1287.jpg

もうこの画像は不要でしょうか? 変化が地味すぎますね…。

doubuchi20111110DSC_1295.jpg

断熱材の外側に透湿防水シートのタイベックを張り、その上に通気胴縁を施工しています。規則正しく開けられた穴を空気が通ることで壁体内結露を防止します。

doubuchi20111110DSC_1291.jpg

外壁仕上げ材の下地も兼ねているので、仕上げ材が横張りの部分は胴縁を縦に(写真下部)、仕上げ材が縦張りの部分は胴縁を横に(写真上部)施工します。

setsubi20111110DSC_1302.jpg

きょうは設備屋さんも来ていたので現場が少し賑わっておりました。



posted by アーキラボ・ティアンドエム at 11:22| ATMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

本日の現場〜タイベック

taibec20111108DSC_1238.jpg

本日もここからスタートします。そして近づきます。

taibec20111108DSC_1239.jpg

断熱材の施工が完了し、その上に透湿・防水シートのタイベックが施工されているようすです。タイベック、湿度(湿気)は通すが水は通さぬ優れもの。しかも丈夫です。頼りにしています。

さて、内部です。

naibu20111108DSC_1242.jpg

まだ構造が見えていますが、箱はカッチリできています。あとは仕上げていくだけ…

kouzou20111108DSC_1247.jpg

ではないようです。これから組み立てられる部材が待機中。先に外を仕上げますので、もう少しお待ちくださいね。

posted by アーキラボ・ティアンドエム at 10:54| ATMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

本日の現場〜フェノバボード2層目

2fenoba20111104DSC_1197.jpg

きょうもこの画像。一見変化が感じられませんが、よーくよーく見ると工事は進んでいます。はい、近づいてみましょう。

2fenoba20111104DSC_1169.jpg

断熱材の色が変わりました。2層目を貼り進めています。2層目は同じフェノバボードですが、不燃性能をもっているフネンSKです。

mado20111104DSC_1192.jpg

コーナー窓でした。左から、外部にある足場→ガラス面に反射して見える足場→ガラスの向こうにある足場 です。

明日は外壁材が納入されるそうで。どんなものがやって来るのか…。今回ばかりはドキドキです。ドキドキの理由はまたの機会にじっくりと。

posted by アーキラボ・ティアンドエム at 16:19| ATMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする